カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

『AR』のこと

『AR』についてお問合せをいただくことがございます。
チェーンメイルの経験は豊富でない私ですが少しだけふれておきたいと思います。

Aspect Ratio (アスペクトレシオ)はアスペクト比という2次元形状のものの長辺と短辺の比率をあらわす数値です。
チェーンメイルでは組みたいメイルのARがわかればワイヤーの線径(太さ)毎にジャンプリングの内径を算出することができます。

AR = 内径 ÷ 線径 です。なので内径(マンドレルのサイズ)を出すときは
内径 = 線径 x AR  ですね。 
外径 = 内径 +(線径 x 2)、 線径 = 内径 ÷ AR です。

ビザンチンチェーンの基準となるAR3.5ですが、3.3くらいでキツめに組むこともできますし、
4.2くらいで曲げやすいチェーンを組むこともできます。
作品のデザインによってふさわしいARがあることでしょう。
ただ、1個のリングに通さなければならないリングのスペースは必要なので、AR3.1以下でビザンチンチェーンは組めないでしょう。

ボックスチェーンの基準となるAR5.1ですが、3.9くらいでキツめに組むこともできますし、
5.5くらいで曲げやすいチェーンを組むこともできます。
作品のデザインによって適したARがあることでしょう。
ただ、1個のリングに通さなければならないリングのスペースは必要なのでAR3.7以下でボックスチェーンは組めないでしょう。

メビウスボールARをだすのは困難です。
線径はもちろんですが、ひとつのメビウスに使用するジャンプリングの数に左右されるからです。
メビウスはジャンプリング3個くらいでリング状で使うものからボール状になるまで多くのリングを束ねるものなど
形状が自由なのであえてARを使うことはないでしょう。

チェーンメイルを組むとき、私はジャンプリングを作らないので既製の丸カンの中から合いそうなARのものを使用します。



M.A.I.L. (Maille Artisans International League)を参考にさせていただきました。